警察官を目指す人を応援するサイト

警察官になるには

警察官になったら

採用試験合格後にやっておくべき8つのこと

更新日:

合格=採用決定ではない!?

半年近い選考をくぐり抜け、ようやく合格通知を手にすることができた時の喜びは格別なものでしょう。
しかしながら、手放しで喜んでばかりはいられません。
合格=採用とならないことがあるのです。
警察官という職務上、プライベートでも後ろ指をさされることがあってはなりません。そのため合格後の過ごし方によっては採用されないケースがあります。
なぜそういう事態が起きるかというと、採用試験合格者は採用候補者名簿に登載されただけで、採用決定ではないからです。

採用候補者名簿とは?

採用候補者名簿とは、採用試験合格者が登載された名簿で、採用はこの名簿に登載された者から行われます。
有効期間が1年間となっているようです。名簿に登載されていても1年の間に人員補充の必要がなければ採用されないということもあり得ます。また、辞退者等が出ることを想定してあらかじめ名簿には採用予定人員よりも多く登載されることから、辞退者等がなかった場合、試験の得点によっては採用を見送られることもあり得ます。

合格後の過ごし方が大事

採用ラインより上位に位置し、その後を大過なく過ごすことができれば、採用日の3か月ほど前に、採用通知と警察学校入校案内を受け取ることができます。
では、どのようなことがあると採用見送りとなるのでしょうか?
それは、「警察官としてふさわしくない行為があったとき」と言われています。また、勤務に支障のある怪我や病気になったときも採用を見送られる可能性があるようです。
例えば、刑法その他の罪を規定する法律に抵触する行為、重大な交通違反、交通事故や金銭やその他権利関係にかかる民事的トラブルの当事者となる。といったことのようです。
実際に、採用通知に同封される警察学校入校案内や手紙等には「車の運転を控えるように」などといった私生活上における注意点が記載されているそうです。
では、具体的にどのように過ごすことが求められるのでしょうか?

禁欲生活のはじまり!?それともシャバを思いっきり楽しむ!?

警察官は、ごく一部の職種を除き頭髪などの容貌に制限があるようです。金髪にしたりパーマを楽しむなどは退職するまでなかなかできません。
李下に冠を正さず。といった精神で、派手な生活は望むべくもないようです。
このように書くと、禁欲生活のように感じる方もいらっしゃることでしょう。しかしながら現実に警察官に関する各種法規や勤務の特性上以下のような制限や義務があるようです。
・警察官拝命後の職務に支障をきたすような怪しい交友関係や金銭関係などについては採用前に「身辺整理」を行う必要があります。
・車の運転や飲酒などは警察学校入校中はできません。車を所有されている方は半年から十か月の間の管理方法を考える必要があります。
・一人暮らしの方は、持ち家でもない限り今お住まいの住居に戻ることはありません。警察学校へ転居することになりますので、退去手続きをすべて完了しておきましょう。
・採用後は営利企業に勤務することは認められませんので、仕事をお持ちの方は退職手続きが必要です。派遣会社に登録している場合、派遣元の社員等になっている可能性が高いので早めに手続きを済ませておきましょう。農林水産業を除く自営業(個人事業主)の方は採用後は副業とみなされる可能性が高いので、廃業と納税申告等の所定の手続きを漏れの無いように済ませておきましょう。
・警察官拝命後に、海外旅行を含む旅行などには自由に行くことができなくなります。

禁欲生活の始まりと捉えて息をひそめるように過ごすのか、髪形・ファッションや旅行などは採用日までに悔いが残らないように(笑)思いっきり楽しむのか。人それぞれとは思いますが、やるべきことはきちっと押さえておきましょう。

合格後にやっておくべき8つのこと

・採用前の「身辺整理」
一人暮らしの方は退去手続き
・車を所有されている方は半年から十か月の間の管理方法を考える
・仕事をお持ちの方は退職手続き
旅行
・髪の色を変えたり派手な服を着る
警察官の職務への理解を深める
警察官に必要な体力を向上させ、資格を取る

以上の8つのことを押さえて万全の態勢で採用日を迎えましょう。

-警察官になったら

Copyright© 警察官になるには , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.