警察官を目指す人を応援するサイト

警察官になるには

警察組織

警務部門

更新日:

警務部門はエリート警察官の集まり

警察における警務部門の警察官はエリート集団と言われています。刑事や白バイに乗る交通部門の警察官とは違い、ほとんど表に出ることのない彼らがなぜエリート集団なのでしょうか?
あまり語られることのない、その理由をご説明いたします。

独特の雰囲気をまとう管理部門

そもそも警務部門って?総務部門と何が違うの?
警務部門とは、警察組織において、人事、給与、教養、監察、被害者支援等を行う部門です。
総務部が設置されていない警察本部では、留置管理、広報、情報管理、取り調べ監督、会計も担当します。
いわゆるバックオフィスで捜査に直接携わることの無い部門ですが、全職員をコントロールし、都道府県議会との駆け引きを担当することから強力な権限を持つため、警察本部の警務部長は本部長に次ぐナンバー2で、キャリアの指定ポストとなっています。
実務を担うノンキャリ警察官は、警察学校での成績優秀者を集める頭脳集団でもあり、警務部門での勤務経験は上級幹部になるための出世コースとなっています。
望んでも「資質」に優れていなければ配属されることはありませんし、逆に希望していないのに呼ばれることもあります。古巣に戻ることを目標に、一定の勤務評定をとるためだけに職務にあたっている警察官もいます。このように他の部門とは一線を画す警務部門は一種独特の雰囲気が漂っています。

組織と仕事内容

人事課:警視以下の人事、採用選考を担当、異動・昇任・降格・免職・退職を担当します。なお、地方警務官(警視正以上)については、もともとノンキャリアであっても国家公務員扱いとなるため、国家公安委員会が、警察庁の補佐(アドバイス)を受けて担当します。
訟務課:警察本部を相手取った訴訟が提起された場合、被告代理を務めます。(弁護人は顧問弁護士が努めます)
給与課:給与の計算と支払いを担当します。(警察官ではなく警察事務吏員がほとんどです)
教養課:術科(柔道・剣道・逮捕術・けん銃)・各種事故防止・職務倫理・昇任者教養(管区警察学校の入校前研修)などの教養を担当します。けん銃特別訓練員はここに在籍します。
厚生課:職員の福利厚生や健康管理を担当します。かつては3Kと呼ばれ、現在でも超絶ブラックな勤務に当たらなければならない警察官は身も心も不健康になりがちですので、健康管理対策はかなり充実しています。
監察官室:監察官とは、組織の規律を保ち、警察官の非違事案や功労などを調査する部門です。信賞必罰という職務管理上の原則を体現するいわば警察の良心というべき部署で、「警察の警察」と呼ばれることもあります。

被害者支援:組織の論理と市民目線のせめぎあい

近年、重点的に拡充を図っている部署が被害者支援です。しかしながらその職務は困難なものです。
以前はベテランの刑事が担当していたのですが、二次被害の防止や多岐にわたる被害者のニーズにこたえるために支援専門員として捜査に携わらない警察官を充てることになったのです。
細やかな配慮ができる繊細さに加え、周囲の耳目から被害者を守り抜く強靭さ、支援に必要なあらゆる制度に精通した知識などが必要です。組織の論理を優先しては被害者の信頼は得られませんが、市民目線だけでモノ申すことは捜査をかく乱することになりかねません。
常に知識の研鑽に励み、キツい現場で経験を積んで高めた人間力で二次被害の防止にあたることが求められます。
「警察の常識は、世間の非常識」と揶揄されることもある組織の論理と、市民目線のせめぎあいの中で職務にあたるには、バランス感覚や精神力が求められます。

パワーバランスを変える警務部門の台頭

じつは、ここ十数年で警察組織のパワーバランスが変わりつつあります。1990年代後半に相次いで起きた不祥事を受けて、国家公安委員会は警察刷新会議なるものを設置し、警察改革に着手、自浄機能の強化などの組織改革を警務部門が推進することになったのです。
折しも団塊世代の大量退職による大量採用、刑法犯認知件数の上昇と相まって、予算交渉も優位になったことで部内外での発言力・影響力が高まってきました。
極めつけは取り調べ監督制度です。総務部の設置されている警察本部では総務部門が実施していますが、不適正な取り調べが行われないように監督する権限が付されたことで、捜査部門(刑事・生活安全・交通・地域・警備の各部門)に対する発言権と人事権が増大しました。各部門の実力ある幹部や捜査員として登用されていた優秀な人材を総警務部門に配置できるようになったことは、警務部門の組織強化につながっています。
これらは今後導入される予定の司法取引制度と取り調べの録音録画制度への布石であり、取り調べに偏重していた捜査方針を大転換させ、より科学的な証拠に基づいた捜査を推進するために必要な資機材の予算獲得を可能にするものです。
このように、バックオフィスが俄かに表舞台に出るようになってきたことは今後注目すべき点と言えるでしょう。

-警察組織

Copyright© 警察官になるには , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.