警察官を目指す人を応援するサイト

警察官になるには

警察官になったら

警察学校入校中に困る車の管理

更新日:

警察学校入校中は車の運転はご法度

じつは、警察学校入校中は車の運転を禁じられます。
これは、交通事故防止の観点からです。もし、交通事故を起こして(ぶつけられた場合も含みます)他人にけがをさせてしまった場合、取り調べを受けるなどの必要性が生じます。警察学校から外出して担当の警察署へ出頭することになりますので、警察学校のでの勉強や生活に多大な影響が出るほか、事故の形態や大きさによっては、警察官が関係する事故として報道発表をしなければなりません。運転免許の点数にも影響がありますので、場合によってはその後一定期間運転ができなくなることもあります。
当然、本人自身がけがをしてしまっては、カリキュラムを修了できなくなってしまいます。こうなっては正式採用されないこともあるのです。
こういった理由から、警察学校入校中は車の運転が禁止されているのです。
他人の車を運転する機会はそうあるものではありませんが、車を所有されている場合も、例外はありませんので注意が必要です。

車は6か月以上放置すると様々な不具合が

6か月以上車を放置すると、様々な不具合が生じてしまいます。
たとえば、バッテリー上がり。自然放電してしまうのでターミナルを外しておかないと上がってしまいます。そのほかにも

・駐車ブレーキの張り付き
・フロントブレーキの錆びつき
・オルタネーター等のベルトの痛み
・オルタネーター等のプーリーの錆びによるベルトの早期磨耗や損傷
・タイヤの変形やひび割れ等
・ごく稀に燃料ポンプの固着
・鳥糞等による塗装の痛み
・ガソリンは満タンにしないとタンクやポンプが傷む原因になります。
1ヶ月間エンジンを回さないと、エンジン内部にあったオイルが全てオイルパンに落ちてしまい、3ヶ月もするとエンジン内部の油膜も失われ、パーツの腐食やサビが発生することもあるそうです。
車の整備のプロによると、月に1~2度は、30分ぐらい走らせた方が良いとのことですが、入校中に自分で運転することはできません。
最近では、車両の長期保管サービスを扱う業者もあり、エンジン始動などのサービスがあるようですが、ひと月に1万数千円かかるようです。

運転しなくてもかかる維持費

さて、動かすことのできない車にも、容赦なくかかってくるのが維持費です。
実家など車を置くところに駐車するスペースが無い場合は、月極めの駐車場を借りる必要があります。東京都内ですと3万円を超えることもあるようです。東京近郊でも数千円からかかりますので、半年から10か月で見ると、数万円から十数万円と結構な出費になります。
さらに、かかってくるのが保険料です。任意保険は毎月分割して払っている方がほとんどだと思います。その保険料も結構な負担ですよね。
そして、もし入校中に車検の時期が重なると・・・大変なことになります。
自動車賠償責任保険の保険料
車検代および整備費
自動車税などの税金
で数万円から十数万円ほどかかります。
なにより、入校中では車の受け渡しなどには対応できないかもしれません。

誰も乗らないなら思い切って処分した方が良いかも

車の使用を一時的に中止する場合は、一時抹消登録を行うことで、自動車税や自賠責保険の保険料が月割りで還付されます。
手続きは、住所地を管轄する運輸支局で、事前に準備した必要書類と費用をもって手続きを行い、ナンバープレートを返納します。
保険会社に申請を行うと、自賠責保険の残りの期間に相当する保険料の還付を受けることができます。
運輸支局の業務時間は、平日のみですのでご注意下さい。
しかしながら、 車を乗るときには、車検を受けて再度登録することが必要です。
この手続きが面倒!というか現実的じゃない!と感じられた方には・・・売却が適しているかもしれません。

自動車を売却するという方法

せっかく買った車を手放すなんて。と思った方も多いと思いますが、長期間の保管は、実家など安全にかつ安価に保管が可能な場合など、条件が限られるということは、ご理解いただけたと思います。もちろん、保管サービスなどを利用する方法もありますが、何かとお金がかかるこの時期に、車をまとまったお金に変えてしまう方法もあるのです。それが自動車の売却です。
車の保管や処分に不安をお持ちの方に、車の賢い売却方法についてお教えしちゃいます!

車の売却なら【ユーカーパック】

車って、どうやって売るの?

どこに行けば、車を売ることができるのでしょうか?答えは・・・
買取業者です。テレビなどでCMをしている車の買い取りの大手業者の他にも、車を買い取ってくれる業者はたくさんあるのです。
車を売りたいと思ったら、まず最初に、買取業者による査定を受けなければなりません。査定とは、車の車種や年式、走行距離、傷や車の状態を確認して、あなたの車をいくらで買い取ります。と値段を提示する作業です。

査定をする項目が同じなら、どこで査定をしてもだいたい同じ値段でしょ。
と思われた方、それは違います。軽自動車の買取が得意な業者や、ミニバンの買取が得意な業者など、業者によって買い取り金額が大きく変わる事も少なくないのです。そこで、買取り査定に出す際は、多くの業者から見積もりを取るようにすることをおススメいたします。
ということは、査定のために業者をいくつも回らなければいけないのでしょうか?
確かに、昔はそうでしたが、いまではネットで予約すれば1回だけの査定で、何社からも見積もりをとれるようになっているのです。

一回だけの査定で最高値で買い取ってくれるのは【ユーカーパック】

一括査定が便利!

ネットで申し込める一括査定を活用すると、手軽に一番高く買い取ってくれる業者を見つけることができるのです。わざわざお店に行く必要がないネット見積もりなら、今この場で申し込むことも可能です!なにより、多くの買取業者の見積もりが得られるので、より高額の買取が実現する可能性も高くなります。
しかしながら、ネット見積もりでは、実際に業者がチェックした際に不具合があったということで、見積価格から金額がダウンしてしまうことも少なくないようです。
一度の査定で済む【ユーカーパック】なら、ネットで予約して、指定された最寄りの査定提携店に車を持ち込むと、査定を受けることができます。そして
登録された業者があなたの車の査定を確認して見積もり額を連絡してくるため、
時間も手間もかからずに最高値が分かるので、おススメです。

最後に、車買取の相場は常に変動しています。モデルチェンジ時期などは査定額が低くなりやすいので、新型が登場する前の高額査定時期を狙うことも忘れずに。

-警察官になったら

Copyright© 警察官になるには , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.