警察官を目指す人を応援するサイト

警察官になるには

警察官になるには

警察官に必要な資格

更新日:

 

警察官になるために必要な資格はあるの?

警察官になるために必要な資格
というものは、じつのところありません。特定の資格がないと採用されない。ということはないのです。
ただし、学歴と身体条件については以下の基準を満たしている必要があります。
(警視庁の採用基準です。正確な情報と他の道府県の基準につきましては公式ホームページなどでご確認ください)
日本国籍を有している必要がありますのでご注意ください。

学歴と身体条件

年齢・学歴
大学卒業以上        受験時に21歳以上30歳未満
短大・専門学校・高校卒業   受験時に17歳以上30歳未満
(学歴については卒業見込みを含む)

身体条件
身長    おおむね160cm以上 おおむね154cm以上
体重     おおむね48kg以上 おおむね45kg以上
視力     裸眼視力が両眼とも0.6以上。または、両眼とも裸眼視力がおおむね0.1以上で矯正視力が1.0以上で あること
色覚・聴力  警察官としての職務執行に支障がないこと
疾患     警察官としての職務執行上、支障のある疾患がないこと
運動機能 警察官としての職務執行に支障がないこと

持っていた方が良い資格

採用前に必要な資格はない。といいましたが、採用後に取得しなければならない資格があります。
それは、自動車運転免許(中型・AT可)と自動二輪車運転免許(小型可)です。自動二輪車は警視庁以外の道府県警察の交番には必ずといっていいほど配備されていますので、乗れないと仕事ができません。ちなみ採用後でも取得費用は個人負担です。
たいていは警察学校在籍中に自動車学校に通って取得を目指すことになるのですが、採用前に取得しておくと、他の勉強に時間を振り向けることができるので有利です。
自動車の方はパトカーをはじめとした公用車を運転する機会が必ずと言っていいほどあります。こちらも警察学校入校中や卒業後に取得を目指すとなると大変ですので、警察学校入校前に必ず取っていた方が良いでしょう。
もし、採用試験を前にして、まだ取得していない方には
短期間で免許を取ることができる合宿教習がおススメです!

→警察官採用試験合格後に通うべき運転免許合宿教習はこちら

受験時にアピールできる資格

保有していると、採用試験で加点される資格があります。
柔道・剣道・語学検定・情報処理系資格などです。
対象となる段や級についての正確な情報は各都道府県警察の公式ホームページなどでご確認ください。柔道・剣道は初段以上が対象になっています。
語学につきましては、英語・中国語・ロシア語などが対象になっています。
柔道や剣道は採用後から退職するまで必ず稽古を続けることになりますので、早めに始めておくと役立つことが多いです。

ラグビーワールドカップや東京オリンピックなどで必ず使うことになる英会話を手軽に学ぶならこちらがおスメです!

警察官採用後も使える業界トップクラス英会話の無料体験レッスン

TOEICの勉強なら!スタディサプリ ENGLISH

英語を勉強する重要性についてはこちらも合わせてお読みください。

持っていると役に立つ資格

上記のような資格がない方でも、社会人経験の中で取得した資格が意外なところで役に立つことがあります。
簿記関係:贈収賄や法人(企業など)の関わる犯罪捜査に役立ちます。捜査2課や組織犯罪対策課などで勤務できる可能性が高くなります。
コンピュータ関係:ITパスポート・ITストラテジスト・情報セキュリティスペシャリストなどを持っていると、サイバー犯罪捜査に役立ちます。サイバー犯罪対策課などで勤務できる可能性が高くなります。
潜水士:潜水作業に関する資格で水難救助や水中捜索に役立ちます。機動隊で力を発揮できます。
クレーン・玉掛け:トラックに、各種資機材を積み込んだり下ろしたりする作業に役立ちます。機動隊で力を発揮できます。
船舶免許:水難救助や水中捜索・水上警備に役立ちます。機動隊や水上警察署で勤務できる可能性が高くなります。
大型自動車運転免許:有事の際に大量動員する警察官を輸送するために役立ちます。機動隊をはじめ、どこの部署でも重宝されます。
X線作業主任者:爆発物処理や捜査に役立ちます。機動隊で勤務できる可能性が高くなります。
衛生管理者:職場の衛生管理を担います。どこの職場でも重宝されます。
武道の有段者:空手や合気道の高段者はSPなどに登用される可能性が高くなります。

まとめ

冒頭で述べたとおりですが警察官になるために必要な資格はありません。採用後早い段階で取る必要があるのは運転免許だけでしょう。どんな資格でも、警察官になってから役に立つものと言えます。それだけ警察官の仕事の幅は広いのです。持っている資格にどのようなメリットがあるのか、どの資格を取るのか、いつ取るのか。ということを検討する際の材料にしてみてください。

採用前に持っていた方が良い資格:運転免許

受験時にアピールできる資格:柔道・剣道・語学・情報処理関連
持っていると役に立つ資格:簿記関係・コンピュータ関係など

-警察官になるには

Copyright© 警察官になるには , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.