警察官を目指す人を応援するサイト

警察官になるには

警察組織

警察庁・警視庁・道府県警察本部の関係について

更新日:

警察庁・警視庁・道府県警本部の違い

警察庁・警視庁・道府県本部の違いって知っていますか?
知っていると、ドラマや映画や小説などで登場人物や関係機関が多くなっても、話の筋に追いついて行けるので、存分に楽しむことができます。警察官を目指している方であれば、基本的知識として、その違いと関係性を理解しておかなければなりません。

警察庁・警視庁・道府県警本部について詳しく解説

警察庁:国の行政機関。各都道府県警察本部の指揮監督にあたる。
警視庁:東京都の警察本部。
道府県警察本部:各道府県の警察本部。
つまり、警察庁が警視庁や各道府県警察本部の上に位置して指揮監督を行っているということです。
そのほかに警察庁や各都道府県警察本部を管理するために、国家公安委員会や都道府県公安委員会が設置されています。

職員は国家公務員?地方公務員?

警察庁の職員は上から下まですべて国家公務員です。各都道府県警察の優秀な人間を集めて警察庁の職務を経験させることで幹部として育成をすることがありますが、その場合も国家公務員として受け入れます。
逆にキャリア組が各都道府県警察に赴任しても身分は国家公務員のままです。
各都道府県警察の職員は大多数が地方公務員です。警視正以上の階級の警察官が国家公務員です。ただし国家公務員だからと言って全てがキャリア組というわけではありません。ノンキャリア(地方公務員)の警察官が警視正に昇任すると国家公務員となります。

警察庁について

前述のとおり、警察庁は国の行政機関です。広域組織犯罪に対処するための警察の態勢、犯罪鑑識、犯罪統計など警察庁の所掌事務について都道府県警察を指揮監督しています。
警察庁は国務大臣である国家公安委員長を筆頭にした国家公安委員会の管轄下にあり、トップは警察庁長官です。
警察庁の総合職(キャリア組)は、庁内の各部局だけでなく各都道府県警察本部の上級幹部や本部長を歴任しながら一律的画一的な政策立案を行っており、全国警察の一体的運用を実現しています。

警視庁について

日本の首都(メトロポリス)東京の治安を守る地方警察です。英語表記ではMetropolitan Police Departmentとなります。
他の道府県警察とは同列ですが、人員・態勢・装備ともに群を抜いており(人員は、規模の大きさで警視庁に次いで大きい大阪府警の約1.8倍!)、政府や皇族などの要人警護・警衛も専任職務としています。
地方警察としては他の道府県警察と同列といえども、首都警察としての職務は特別であるため警察庁の指揮を直接受ける立場にあります。ちなみに他の道府県警察は警察庁の下部組織である管区警察局の管理下に置かれます。
トップは警視総監という、全国警察官のなかで最も高い階級かつ唯一の職名を冠しており、その任免には内閣総理大臣の承認を必要としています。

警察本部について

都道府県の人口や面積、事件・事故の発生率などを総合的に勘案して人員が決定されます。その規模に応じて本部長の階級が警視監だったり警視長だったりします。
警察本部長の任免は国家公安委員会が行います。都道府県が設置している地方警察とはいえ、本部長はキャリア組のポストであるためです。
警察本部を管理するのは都道府県公安委員会ですが、これは、知事や議会からの政治的中立性を担保するためのシステムとされています。このため、取り締まりなどを受けた者が知り合いの県会議員など頼み込んで警察に働きかけるということはできません。

警察庁・警視庁・道府県警察本部の関係


今まで見てきた通り、それぞれ独立した機関であり、警察庁が警察政策を一律的・画一的に立案、運用するために各都道府県警察本部を指揮監督するという構造になっています。具体的には警察庁のキャリア組が各都道府県警察本部の上級幹部のポストを歴任することでその運用を実現しています。
警視庁と他の道府県警察本部は地方警察として同列ですが、警視庁には首都警察としての特別の機能(職務)が附されています。

公安委員会って?

警察庁や各都道府県警察本部の政治的中立性を担保するための組織として、国家公安委員会と都道府県公安委員会が設置されています。政府や都道府県議会と警察庁・都道府県警察本部の間に立ち、調整を図るほか、所掌事務として、警備業や風俗店の営業許認可、運転免許の交付、道路標識の設置などがあります。(実際の事務手続きは警察が行います。)

-警察組織

Copyright© 警察官になるには , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.