警察官を目指す人を応援するサイト

警察官になるには

ウラ事情

隠語って本当に使ってるの?

更新日:

ドラマやコントでよく使われる「隠語」ですが

「デカチョー!ホシが割れました!!」ドラマやコントでよく使われる警察の「隠語」って実際のところ、本当に使われているのでしょうか?というわけで、お馴染みの隠語とその意味について調べてみました。

代表的な隠語の種類

デカ:刑事。明治時代に制服を着ずに和服を着ていた刑事のことを犯罪者の仲間内で、和服の袖が四角いことからカクソデと呼び始め、さらにカクソデをもじってクソデカと呼ぶようになったのが始まりと言われているようです。

ホシ:被疑者。真犯人はホンボシと言う。「被疑者として目星をつける」といういうように目星が由来と言われているようです。

歌う・吐く:自供・自白。「歌う」は聞くまでもなくペラペラと洗いざらい話すようなニュアンスを含むようですが「吐く」方は、刑事さんの力量により自供を引き出した。という意味合いがあるようです。

ガイシャ:被害者。短く略しただけのようです。が、実際は他の言い方をします。(内緒です)

ガサ入れ:家宅捜索。捜すをひっくり返した「ガサ」に「入れる」を加えてガサ入れ。

ガセ:偽の。「お騒がせ」の「がせ」からきているようです。

シマ:縄張り。大辞泉にも島の意味として縄張りと記載されていることから隠語とは言えないかもしれません。

タレこみ:密告。シマと同様に大辞泉にも記載されています。

チャカ:けん銃。語源不明。警察官というより反社会的組織の構成員が使う言葉です。

チョーさん:巡査部長。警視庁のみ使用。他の道府県では〇〇部長と呼びます。

飛ぶ:逃亡する。本来は「高飛び」大辞泉には、犯罪者などが遠くの土地に逃げること。と記載されています。

ネタ:情報。材料を意味する「種」が由来のようです。ガセネタで偽情報を意味します。

ハコ:交番。週刊モーニングに連載の元警察官泰三子氏の著作「ハコヅメ 交番女子の逆襲」で一躍有名に。語源は不明。若い警官はあまり言わないかも。

班長:警視庁では巡査の取りまとめ役の巡査長を指す。他の道府県では警部補のこと。TBSドラマのタイトルで使用され一般的になった。

フダ:令状。令状には逮捕状・捜索・差押令状・身体検査令状などの種類があり、裁判官が発布します。強制執行を可能にするもので、何人たりともこの令状に逆らうことはできないことから、悪事を祓うおふだになぞらえているようです。

ホトケ:死体。そのまんまです。

ヤマ:事件。語源は不明。

本当に警察で使ってるの?

ひと昔前のドラマやコントを思い出してみると、取調室で刑事さんが「吐いたら楽になるぞ。」と言っているシーンが目に浮かぶようですが、実際に刑事さんをはじめとした警察官が隠語を使っているのか?というところが気になります。
ドラマやコントで繰り返し使われてしまった隠語はもはや隠語ではなくなった。という理由や、使うとなんとなく気恥ずかしさがある。などの理由から使われなくなったものもあるようです。
ホシやタレコミはあまり使われていないようですが、ガサ、ガセ、フダ、ホトケ、ヤマなどは日常的に使われているようです。

身内では絶対に使わない隠語も

有名な隠語ですが、デカやチャカは身内に対しては絶対に言わないようです。
デカは前述のとおり刑事を揶揄する言葉ですので身内同士で使うことはないようです。
チャカ(けん銃)については、捜査の対象である場合は言うようですが、自分たちが持つけん銃に対しては言わないようです。

隠語は他にもある

グニ:質。5+2=7となることと、丁半博打でサイコロの目が5,2をグニと読むことが語源のようです。「グニ込む」は質入れする。「グニ屋」は質屋を意味します。

シャブ:覚せい剤。言わずと知れた有名どころです。覚せい剤の水溶液を振るとシャブシャブという音がするためという説や、英語で「削る、薄くそぐ」を意味する「shave」を由来とする説、骨までシャブられるからという説や、注射すると、寒気を感じ、しゃぶい、となるためという説もあるようです。

帳場(ちょうば):捜査本部。帳場が立つという。帳面をつけたり必要な手配を行ったりと捜査の管理を行う場所を、大店の帳場になぞらえているようです。昔の刑事さんは捜査本部に召集されると警察署の道場に泊まったので、布団や食事の手配も必要だったため、さながら宿の帳場のようだったようです

ばんかけ:職務質問。こんばんはと声をかけることからという説があるようです。

弁当持ち:執行猶予中。捕まったら無くなってしまう執行猶予がついて回るさまを、持って歩いて食べたらなくなってしまう弁当になぞらえているようです。

ヤサ:家。家探し(やさがし)が語源と言われているようです。

じつは暗号などもあるらしい?

じつは、隠語のほかにも暗号が存在しているようです。
警察官が通信に利用している無線の通話を確実で簡略にするためのもののようですが、一般の人や捜査対象者に分からないようにしている側面もあるようです。最近ではネット上に散見されるようになってきました。警察官にとってPCはパソコンではないようですね。

警察官は略すのがお好き?

警察官は、専門用語や業界用語など難解で長々とした言葉を二文字くらいに略すのが好きなようです。たとえば
「弁録取ったか?」→「弁解録取書は取ったか?」
「被疑調はヤマさん頼むよ」→「被疑者供述調書はヤマさん頼むよ」
「令請行ってきます」→「令状請求に行ってきます」
「緊走で現急中」→「緊急走行で現場に急行中です」
「任同します」→「任意同行します」

-ウラ事情

Copyright© 警察官になるには , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.