警察官を目指す人を応援するサイト

警察官になるには

職種と階級

SATとSITの違いについて

更新日:

警察における特殊部隊、SATとSIT

立てこもり事件などの現場で、黒ずくめの重装備に身を包んだ警察官がテレビに映し出されることがあります。
彼らは、人質の解放や犯人の説得にあたる捜査一課の捜査員で構成されるSITと呼ばれる特殊部隊や、治安の最後の砦と呼ばれる警備部のSATの隊員です。
両者とも同じような装備品を着けているため、違いが分かりにくいかもしれません。そこでこのページでは任務の違いや隊員になるための方法について説明いたします。

SATとSITの違いについて

SAT:Special Assault Team特殊急襲部隊(警察における正式名称は特殊部隊)警備部における特殊部隊であり、任務は重大警備事件の制圧であり、一般の刑事事件(立てこもり事件など)に臨場することは稀です。なお、犯人の確保ではなく事態の鎮圧を目的としているため、爆薬を含む強力な火器を装備しています。

SIT:Sousa Ikka Tokusyuhan捜査一課特殊犯(係)、よもやのローマ字です。英語のSpecial Investigation Teamからきているのではありません。(その後英語表記を徽章に使うようになったようです)刑事部捜査一課特殊犯係に所属する突入部隊であり、誘拐事件や立てこもり事件などにおける人質の解放と犯人の検挙を目的としています。
アルファベットでの呼称は各都道府県警によって異なることがあり、千葉県警察ではART(エーアールティー)、大阪府警察ではMAAT(マート)と呼称されます。(それぞれAssault and Rescue Team,MartialArts Attack Teamの略称です。)
誘拐や立てこもり事案対応のエキスパートであり、捜査・情報収集と突入の二つに大きく役割が分かれています。人員や車両・装備、捜査手法は秘匿されていますが、突入班はアサルトスーツに防弾ヘルメット、防弾チョッキを身に付け、自動式けん銃や高圧放水器を使用しているようです。

稀ではありますが、SATと協働することもあるようです。
部隊の目的が違うため、立てこもり事件などにSATが臨場した場合、後方支援にあたることが多いようです。これは、思想や政治的信条が無いと認められる一般刑事事件であることが多いためと、突入におけるリスクマネジメントであると考えられます。
SITは全国の警察本部の刑事部に設置されていますが、SATは現在、以下の8つの都道府県警察に設置されています。
東京都、大阪府、北海道、千葉県、神奈川県、愛知県、福岡県、沖縄県
SATが設置される地域には、国際線、国内線の拠点空港や、在日米軍施設や外国公館などが多いことが挙げられます。
なお、SATは広域に活動することが可能で、佐賀で発生したバスジャック事件では広島県内で事件解決に至るまで福岡県警察のSATが後方支援を行いました。
SITの場合、基本的に自県で発生した事件についてのみ捜査活動を行います。

SAT

警察本部警備部に所属する、ハイジャックや重要施設における立てこもり事件、テロ事件など警備上の重大事件発生時に事態を制圧するための部隊です。正式名称は特殊部隊。
制圧が目的のため、事後の捜査や実行犯の生死については責任を持たないとされています。
刑事部の特殊犯捜査係だけでは対処できない凶悪事件にも出動することがありますが、後方支援に限られます。後方支援業務とは、現場の監視・狙撃態勢の確立、突入方法の確認、突入時の安全確保など現場直近におけるものから、立ち入り禁止区域の設定や防弾・防爆処理をされた車両の運用、ガスマスクなどの装備品の提供などにまで及びます。
8都道府県の部隊で総員は300名程度とみられており、日本全国の重大警備事案に即応するため運用は警察庁の判断が必要となり、受入れ側との調整等をスムーズに行うために警察庁に特殊部隊支援班と呼ばれる係が設置されており、運用時には数名のスタッフが現地に派遣され、警備部と刑事部の調整を行いながら警視総監や警察本部長に助言を行い警察庁との連絡を行うようです。

SIT

刑事部捜査一課特殊犯係に所属する突入部隊であり、誘拐事件や立てこもり事件などにおける人質の解放と犯人の検挙を目的としています。警視庁や大阪府警察を除く道府県警察では、隊員である捜査員は捜査一課員のほか、機動捜査隊などに所属している警察官もいるようです。
以前は、突入は徒手空拳で行っていました。犯人に怪我をさせずに検挙するためです。耐刃防護衣やヘルメットでモコモコの状態で、数名で一列になり身をかがめて室内に侵入し、一気に距離を詰めると、一番員が犯人が持っている武器に飛びつきます。二番員以下は犯人の体に組み付き動きを制します。
現在では、SATや世界の特殊部隊との技術交流が進んだため、装備品が充実し、スタングレネードなどが使用されており、レーザーサイト付きの自動式けん銃を携行し、近接戦闘についても高度化しています。
突入は危険を伴うため、犯人を説得し人質を解放して投降させることが重要とされており。訓練を受けた「ネゴシエーター」と呼ばれる交渉役の警察官が配置されています。

-職種と階級

Copyright© 警察官になるには , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.