警察官を目指す人を応援するサイト

警察官になるには

職種と階級 警察組織

刑事さん、お巡りさん、機動隊員に白バイ隊員、たくさんある警察の「職種」

更新日:

警察に存在する多くの「職種」と「階級」

警察にはさまざまな「職種」と「階級」が存在しています。警察の組織を構成するために必要不可欠なものですが、外から見ると複雑で分かりにくいものになっているのも事実です。ここでは「職種」について解説します。

警察の組織

総務・警務部門

刑事部門

生活安全部門

交通部門

地域部門

警備部門

という6つの部門に分かれています。これは日本全国同じです。
刑事さんは刑事部門に所属する警察官、お巡りさんは地域部門に所属する警察官、要人警護を担当するSPや機動隊員は警備部門、白バイ隊員や交通機動隊は交通部門です。

「階級」と「職種」の違い

ちなみに、巡査はというと「階級」ですので、巡査の刑事や巡査のお巡りさん、巡査の機動隊員に巡査の白バイ隊員がいる。ということになります。「巡査」は一般企業でいうところの「ヒラ社員」になります。階級が上の警察官の指示や命令を受けて職務を遂行しています。
詳しくは「階級」のページで説明します。

どんな職種があるの?

テレビで報道されるような、刑法に抵触する「事件」を捜査しているのは刑事部門の警察官、つまり刑事さんです。

ストーカーや行方不明者の捜索・刑法以外の犯罪の捜査や少年が関わっている事件などは生活安全部門の担当です。

交番のお巡りさんや、制服を着て街を自転車やバイク、パトカーに乗ってパトロールしている警察官は地域部門の警察官です。

交通違反の取り締まりや交通事故の担当は交通部門です。

伊勢志摩サミットが記憶に新しいところですが、要人警護やデモの警備などは警備部門が担当します。

総務・警務部門ですが、人事や財物の管理、監察といわれる組織内部のチェックなどの仕事や身柄を拘束(逮捕)されている人が入ることになる留置場の担当をしています。
皆さんとはほとんど接点のなさそうな部門の中で、唯一といってもよいと思いますが直接かかわりのあるのが、落とし物に関することです。拾ったり落としたりしたお金や物は警察に届けることになっています。その落とし物(遺失拾得物)の管理を担当するのが「会計課遺失拾得係」です。警察官ではなく事務吏員が担当します。

このように様々な職種がありますが、部門が違うといっても警察官として与えられた権限は全員同一ですので、(巡査は少し制限がありますが)交通取り締まりや事件の届け出受理から初動対応、物損事故処理などは地域警察官(交番のお巡りさんやパトカー)が大部分を担っています。このあたりが外部の人からは複雑に見えるようです。

機動隊員も警察官なんです

よく機動隊と警察は別の機関だと思われている方がいらっしゃいますが、刑事さんも制服の警察官も機動隊員もじつは同じ警察官である。ということですので、警察に入ってから刑事さんや機動隊員になるということです。

階級についてはこちらをお読みください

-職種と階級, 警察組織

Copyright© 警察官になるには , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.